[体験談]虫歯が多いまま歳を取るとどうなる?虫歯予防は大事

大人の歯は再生しない。歳をとって後悔しないよう、若いうちに虫歯予防を!

大人の歯というものは、皮膚に怪我をするのと違って、
一度悪くなると二度と再生しません

歯は一度悪くなると二度と再生しません

一度虫歯になると、一生二度と元の状態に戻らないわけですから、
大人になればなるほど歯の状態は悪くなる一方で、
いかにして進行を食い止めるかがカギとなってきます。

この当たり前のことを頭ではわかっていたのですが、
52歳になった今になって、これまでの不摂生を後悔しています。

最近は職場などで男性でも昼食後に歯を磨く人が増えてきましたが、
私自身、若い頃からそれを見て「男のくせに女の子みたいなことをする奴だ」
と軽蔑のまなざしを送っていました。

今になって、
その昼食後に歯を磨く習慣をつけておけばよかった
と思っています。

若いうちに気を付けていないと、将来こうなるというのをお伝えします。

50代になった私の歯の状態は危機的状況。抜歯をすすめられるが・・・


50代になった私の歯の状態ですが、上あごの一本の歯について、
削りに削って金属をかぶせてもらっていたのですが、
そのまま放ったらかしにしていたせいもあって、金属と歯の間に隙間ができてしまい、
そこを舌で吸うと臭い液が出てくるようになっていました。

口臭が気になるので、歯科医にいって治療をお願いしましたが、
レントゲン撮影をして結果、若い頃から頻繁に削っていたせいで、
歯が縦にわれてしまっていることがわかりました。

こうなると抜歯するしかないということです。

でもこの年で入れ歯は抵抗があるので、とりあえず抜歯せずに
現在もそのままダマシダマシ使い続けています。

ただその場所からの口臭は一向に改善されないので悩みの種となっています。

上の歯だけでなく、今度は下の歯が重症に。


そうこうしているうちに下の奥歯の金属のかぶせが、
ある日ガリッという音とともに取れてしまいました。

早速、歯科医に行ったのですが、その歯も若い頃から削りすぎていて、
縦に割れてしまったせいで、金属のかぶせが取れてしまったようなのです。

[体験談]虫歯が多いまま歳を取るとどうなる?虫歯予防は大事

この歯も治療できず、上の歯と違い、金属のかぶせが取れている状態で、
再びかぶせることができないことから、すぐに抜歯することを勧められましたが、
抜歯してしまうとその隣の歯も抜けやすくなりそうなので、
この歯もそのままにしてもらっています。

大きな穴の開いた奥歯を少なくとも自然に抜けるまでは一生持ち続けなければいけません。
まさに大人の歯と虫歯は入れ歯との闘いだなと感じています。

虫歯予防や口臭に良いという大人用ブリアン歯磨き粉について

こちらのサイトで取り上げられている「大人用のブリアン歯磨き粉」については、
聞いたことがありませんでした。
ネットで調べてみても見覚えがありませんでした。

虫歯予防だけでなく口臭にも良いようですね。
私の歯は、金属かぶせ物の隙間も大きな原因なので、
おそらく若干の軽減程度にしかならないですよね。

私の場合、もう、時すでに遅しです。

この歳になって、若い頃の虫歯予防対策がいかに大切であるか、
身にしみて感じるようになり、昔からこのブリアンのような歯磨き粉があれば、
購入して、仕事のお昼時間にも歯を磨いていたらなぁと
思う今日この頃です。

まだ、虫歯が少ししかない方、今虫歯が増加中である方はぜひ、

昼の歯磨きをしたり、ブリアン歯磨き粉のような、虫歯予防効果の高い
歯磨き粉や洗口液・フロス・ウォーターピックなどを活用
して、

健康な歯を一本でも残すように頑張ってください。
ほんと、今の状況が辛いです。

治療費や、年を取ってから悩むことを考えると、
費用対効果の高い歯磨き粉であることは間違いないと思います。